ダイヤモンドの買取りのメリットとデメリット

ダイヤモンドの買取りのメリットとデメリット

使われていなかったり、あるいはいらなくなったりしたダイヤモンドを売る際、どんなお店で買取ってもらうのが良いのでしょうか。箱の中に眠ってしまっているから、新しいものを購入したからなど手放すには様々な理由が存在しますが、そこには必ず思い出があるものです。その大事な思い出を安く手放すことはしたくありません。購入した時よりも下がることは仕方ありませんが、出来る限り高価買取をしてほしいと願うものです。ではダイヤモンドを買取ってもらうお店はどうやって見つければよいのでしょう。ここでひとつわかっていることは、お店によって全く買取価格は異なるということです。ダイヤモンドも金と同じように相場は変動しますがちゃんと適正相場は存在しますので、流通等の問題から価格に差が生まれるのは仕方ないですが、あまりにも相場とかけ離れた査定金額を付けられてしまうこともあるので注意しましょう。

鑑定書や鑑別書がなくても査定価格には響かない

まず、ダイヤモンドを買取ってもらうお店を選ぶ際のポイントとして、目の前で対応してくれる店頭買取かどうかです。目の前で査定を行うので、なぜその査定金額なのかなど疑問に思ったことなど直接やり取りが出来るからです。店頭買取の場合でも査定の時には裏に隠れてしまったり、電話やイヤフォン等で誰かと確認を取りながら対応されたりした時は他のお店でも査定することをおすすめします。次のポイントは専門の鑑定士がいるお店かどうかです。よく鑑定書や鑑別書がないことが査定価格に響くと言われていますが、専門の鑑定士がいる場合は鑑定書や鑑別書の有無で価格は左右せず、正しい査定金額を出してくれるお店もあります。鑑定書はダイヤモンドの品質を証明したもので、鑑別書は色や形式など宝石の詳細を記載したものなので、専門の鑑定士なら証明書がなくても現物を見れば内容がわかるからです。買取のお店は多くあるので見極めることが大切になります。

4Cの評価が査定の基準になります

ダイヤモンドの買取には、4Cの評価が重要になってきます。カラー、カラット、クラリティ、カットの頭文字を取ったものが4Cです。カラーは色を表していて色味や透明度で評価は変わり、カラットは重さを表し大きいほど価値がつきます。クラリティは透明度を表していて傷も少なく透明度の高さで価値は上がり、カットは形状を表し美しい角度などで高値がつきます。この4Cを基準として査定が行われます。店頭買取以外にも、質屋やオークションという方法もありますが、一番はやはり店頭買取がおすすめです。メリットとしては納得のいくまで直接交渉をし、その場でやりとりが出来ることです。デメリットは信頼できるお店や納得のいく金額に出会うまでには時間がかかる点です。小さくても価値のあるものはあります。大事な思い出の品物なので、時間はかかっても焦って決めて後悔しないようにゆっくり納得のいくお店を見つけてから買取してもらいましょう。